• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    TIMBER FRAMEWORK METHOD
  • DESIGN IMAGE
    MODERN / NATURAL
  • EXTERIOR
    PLANE / WOOD

INFORMATION

PRICE
総建築費 非公開
坪単価 非公開
SCALE
敷地面積 88.4㎡
建築面積 42.9㎡
延床面積 77㎡
PLACE
京都府
METHOD
木造軸組工法
DETAIL
COMPANY
宮武淳夫建築+α設計一級建築士事務所
新築住宅 Dec.24.2021

段床三角ボイドの家

河川がカーブして出来た自然の地形と、直交グリッド(格子)によって分割された人工性の強い街区との接続地点に敷地は位置しています。 大きなクスの木のある小さな空き地のような公園に連なる、長らく余白として存在していた変形地。 その敷地を見つけたご夫婦とこれから生まれ育つ子供たちの家。

公園とつながる外観

クスの木に面する建物の凹みが庭になり公園とつながります。クスの木を取り込むように建ちます。

三角に吹き抜ける空間

吹き抜けは三角に吹き抜ける。これにより、空間全体に開放感が生まれます。また吹き抜けにより建物内に光も行き届きます。

畳リビング

半地下感のある畳リビングからは、左の窓から道路面が見えます。窓は隣接道路のガードレールの隙間に穿たれ、通りを歩く人と視線が交わらないようにしています。収納のような低さが落ち着きを、その一方で水平的な広がりを生んでいます。右側400mm上がったスペースはダイニングキッチンです。

1.5階から2階へ

1.5階から2階へ上る階段回りは、屋根スラブからの吊り構造で補強し、下階の生活スペースに広がりと浮遊感をもたらしています。

キッズスペースとロフト

スポットライトのとりつく梁部分で、奥と手前、将来は2人お子様のスペースに間仕切れます。それぞれの部屋は縦方向に広いロフト付きで、ロフトで寝て、下で活動する計画。夏はクスの木が南西からの強い日差しを遮ってくれます。

自然と余白と

結果的に大きさや形の異なるさまざまなスペースが集まったワンルームのような家となりました。 外の公園と木が入り込んだような大きな吹抜けや、家具や収納のような親しみやすい小さな部屋があることで、 通常の「外部/建築/部屋/家具」といった、意味と大きさによって分割された枠組みを中和するような連鎖性が生じ、 また、斜めの方向性が身体感覚に動的に作用し、自由な解放性が感じられる空間となったのではないかと思います。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

宮武淳夫建築+α設計一級建築士事務所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST