• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    TIMBER FRAMEWORK METHOD
  • DESIGN IMAGE
    MODERN / NATURAL
  • EXTERIOR
    PLANE / STEEL

INFORMATION

PRICE
総建築費 3800万円
坪単価 79万円
SCALE
敷地面積 821.4㎡
建築面積 110.25㎡
延床面積 158㎡
PLACE
兵庫県
METHOD
木造軸組工法
DETAIL
COMPANY
市井洋右建築研究所
新築住宅 Nov.29.2021

田園風景広がるのどかな地域に建つ住宅

南北に細長い敷地から建物の南と北に二つの庭をつくり、通り土間でつなぐ。LDKにも大きな窓を対称に設けて庭とつなぐ。二つの庭を建物で分断するのでなく、LDKを通してつなげることで見通しが効き、家族の気配をどこにいても感じることができる。
断面構成をステップフロアにすることにより、リビングやフリースペースの高い天井高さと、玄関から綺麗な山並みが拝めるバルコニーまで流れるような連続した空間のシークエンスを楽しむことができる。
スタイリッシュな建物でありながら、のどかな風景とも調和しており、穏やかに時を刻む素敵な住まいが完成した。

コンテクストの少ない広大な敷地

約250坪という広大な敷地に建てるにあたり、近隣建物の影響や法規的な制約の少ない状況であった。建物の配置には無数の可能性があるため、建物同様に建物の建たない空地の使い方というのが大変重要な意味をもつと考えた。

遮蔽物のないどこからも見える外観

白いガルバリウム鋼板の大波板による外壁。アプローチの荒々しいコンクリート塀や軒の板貼りがアクセントになり、単調になりすぎず、のどかな風景に溶け込んでいる

アプローチから続く通り土間と収納スペース

広大な敷地を建物で分断してしまわないように、玄関から北側の庭に抜けられるように通り土間としている。
無垢板(イゾンベ)をチェーンソーで割り、丁寧にブラッシングして作ったオリジナルの敷台がアクセントとなっている。また、土間の横には広い収納スペースを確保している。

2つの庭をつなぐLDKと階段スペース

南北の壁に大きな窓を対称に設置してふたつの庭をつなぐ。LDKを通してつなげることで見通しが効き、家族の気配をどこにいても感じることができる。
また、階段の幅を斜めに変化させたことにより、段板に座って本を楽しむ読書スペースとしてリビングの一部として使うことができる。

プライバシーの守られた中庭

北側の開放的な庭とは対照に、板塀で囲いプライバシーの守られた中庭。2mの出のある美しい木目の軒のおかげで夏の日差しをカットし快適な熱環境をもたらす。また、雨の日でもバーベキューを楽しむことができるアウトドアリビングとしても機能する。

ステップフロアを利用したフリースペース

リビングの天井高さを確保するために、ステップフロアの構造を採用している。それによりできた天井の高い開放的な空間を子供たちの遊び場件勉強スペースとして利用する。4mのカウンターは家族みんなが横並びに座って作業することもできる。

子供室とテラス

小さなお子さんたちが走り回れる広めの子供室は将来簡単にふたつに分けられることを前提に設計している。
プレイルームから続く廊下の先には綺麗な山並みが拝めるテラスが設けられており、将来デッキを引くことで、1階の外部空間とは違う新たな癒しの空間となる予定である。

[Photo : 太田 拓実]

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

市井洋右建築研究所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST