• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    STEEL FRAME
  • DESIGN IMAGE
    MODERN
  • EXTERIOR
    STEEL

INFORMATION

PRICE
総建築費 非公開
坪単価 非公開
SCALE
敷地面積 295.02㎡
建築面積 61.49㎡
延床面積 131㎡
PLACE
中部地方
METHOD
鉄骨造
DETAIL
COMPANY
山下喜明建築設計事務所
新築住宅 Apr.13.2022

Light Drops-Ⅲ

中部地方の斜面地に建つ鉄骨3階建住宅。
このプロジェクトは雑木林に面する敷地探しから始まった。最終的に見つかった敷地は、3階建は可能ではあるが用途地域的に建蔽率・容積率・高さ制限・高度斜線・日影規制とも非常に厳しく、当初は「地下1階地上2階建て」で計画をスタートさせたが予算的な問題からこれを諦め「地上3階建て」に切り替えた。この為、高さを抑えつつ3階建を実現することが課題となる。つまり各階の階高は非常に低くしなければならず、結果、2.3m前後の階高(天井高2.1m)を3層積み重ねることとなった。階高が低い分、床を薄くする為と、水平に意識を解放させる為「鉄骨造」を選んだ。

1階の動線

平面的には1階はピロティのガレージを中心にヴォリュームを左右に分け、玄関側(左ウィング)に客用のトイレと客室としての和室、反対側(右ウィング)に主寝室を配置した。主寝室へのメインの動線は一度玄関奥の階段を上がり2階の居間から廊下を経て再びダイニングキッチン側の階段を降りてアクセスするが、客室と主寝室は外部のウッドデッキとブリッジで繋がっている。また駐車スペース横の勝手口からウォークインクローゼットを経てアクセスすることもできる。

スチールデッキから差し込む光

2階の居間とダイニングキッチンは雨のかからないテラスでエリア分けされ、収納やトイレが隠された廊下で繋がったコの字型平面。このテラスは大小の穴の空いたスチールデッキを使っており昼間は太陽の光が、夜は外部天井の照明がガレージに「木漏れ日」のような光の粒を届ける。

ガラス張りで開放感を強調

居間とダイニングキッチンの雑木林側は3方をFIXガラス張りとし開放感を強調して、更に三方ガラス張りの部分は断面的には2階建とし屋根を持ち上げ3mの天井高を確保して水平方向だけではなく垂直方向へも天井高の低さを緩和させた。この雑木林側の2層のヴォリュームの基礎はキャンチレバーとしコーナーの柱を省略するとともに斜面への土圧の負担を軽減させている。

バステラスから光を感じる

3階は子供室(左ウィング)とユーティリティー(右ウィング)センターに浴室を配置し浴室の雑木林側には2階のテラスと同素材のバステラスを設けた。このバステラスの下はガーデンボイドとして地面に植栽が施され、2階のテラスとは断面的にはテラス一つ分ズレて配置されている。この為、昼間はバステラスを通過した太陽の光が更に2階テラスを通過しガレージに独特の光の粒を届け、夜はシンボルツリーをライトアップした光がバステラスに光の粒を作る。(バスタブ横のアルミサッシは3連引きの為、浴室としてはバステラスに対しフルオープンとなりバスタブに腰掛けビールを楽しんだり…)

ルーフトップテラス

道路側の外部階段を上がると2方向を雑木林に面したルーフトップテラスから、雑木林と雑木林越しの遠景の眺望も楽しめる。

佇まい

外観としては、ガレージの奥は雑木林に抜いている為立面的にもコの字型(門型)となっており、ファサード中央はテラスと同素材のスクリーンで、夜には2階の小窓や三階外部階段用のベランダの光の粒が昼間の印象を変える。左右のウィングは1階では同素材(グレー色)だが2階より上は黒のガルバリウム鋼板と白の窯業系サイディングでコントラストをつけた。

ドローン

ドローンで俯瞰して周囲の建物と比べてみると高さだけではなく平面的にもコンパクトな建物であることがわかるが、駐車場の雑木林への「水平の抜け」とシンボルツリー上部への「垂直の抜け」がこの家の小ささと空間の広がりのバランスをとっている。

人工照明と太陽光を愉しむ

この家には工業製品と雑木林という2つの概念がある。無機的な穴あきスチールで作られた幾何学模様は人工照明(工業製品)と太陽光(自然)で有機的な雰囲気をつくる。この「木漏れ日」のようなパターンは太陽の動きとともに変化し、ダイニングからリビングへ移動する。太陽が沈んだ後は照明によって全く違った印象となる。例えばガレージでは照明によって月明かりによる木漏れ日のようなパターンが描かれ、バステラスでは煌めく星のような光の粒が見られる。自然の中であえて工業製品を採用し太陽光、影、人工光を使って変化に富んだ有機的なデザインを試みた。床に映る自然と人工の2種類の木漏れ日が何気ない日常の美しさを際立たせている。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

山下喜明建築設計事務所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST