• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    TIMBER FRAMEWORK METHOD
  • DESIGN IMAGE
    MODERN / NATURAL
  • EXTERIOR
    PLANE / CONCRETE

INFORMATION

PRICE
総建築費 非公開
坪単価 
SCALE
敷地面積 77.13㎡
建築面積 43.06㎡
延床面積 91㎡
PLACE
東京都
METHOD
木造軸組工法
DETAIL
COMPANY
片山正樹建築計画事務所
新築住宅 Oct.04.2021

陽の光が心地よい住宅

夫婦2人と子供1人が暮らす木造3階建て住宅。敷地前面は位置指定道路で幅員約2.7m、敷地面積約23坪。建主からの要望は「子どもが自室に行くまでに家族とコミュニケーションできる動線」「家族の気配を感じながら、好きなことをしてくつろげる広いリビング」「書庫や和室があり、好きな場所で本を読んだりゴロゴロできる家」というものだった。そこで中心に階段を置き、その周囲に広さ・高さの異なる居場所を配した家を提案しました。

白にこだわりを費やした外観

前面道路が狭く、圧迫感のないようなデザインに。白の部分に徹底的なこだわりを持たせ、なるべく真っ白な外壁のボックスになるよう設計。また、白とグレー色を掛け合わせることで、白がより白くみえるよう工夫を施しています。また、植栽にはタイム・ローズマリー・ヤマボウシやビルベリーを配置。モダンな住宅建築をさらに美しく際立たせています。

広い玄関と、上まで続く階段

玄関は広い土間となっており正面に階段があり、階段で上を見上げると3階天井まで見通せる吹抜けになっています。暗くなりがちな玄関も、上から降り注ぐ太陽光で明るく照らします。

縦の開放感を意識したリビング・ダイニングスペース

2階に上がると左には外の景色が見えるワークスペース。右手にはタイル貼りのキッチンとリビングダイニング。後ろを振り返ると、数段上がった2.5階の畳スペース。その脇には壁に大容量の本棚がつくられた3階への階段が伸びている。タテの開放感がある畳スペースや吹抜けなどで立体的な豊かさをつくり、広く感じられるようにしています。キッチンはフロア全体を見渡せるような設計で、その奥にはパントリーを設けています。

陽の光が心地良い3F

3階には子供部屋と収納スペースを設けており、窓を多めにとっていますが直射日光を避ける形で設計しています。また、子供部屋にはステンドグラス窓を設け、起きいてるかいないかの確認ができる仕様に。全体的に圧迫感がなく、開放的な住環境づくりをしています。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

片山正樹建築計画事務所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST