• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    TIMBER FRAMEWORK METHOD
  • DESIGN IMAGE
    MODERN / NATURAL
  • EXTERIOR
    PLANE / WOOD

INFORMATION

PRICE
総建築費 2000万円台
坪単価 72.5万円(2012年当時 税率8%)
SCALE
敷地面積 171.35㎡
建築面積 64.45㎡
延床面積 102㎡
PLACE
栃木県
METHOD
木造軸組工法
DETAIL
地盤改良工事込み、床暖房あり
COMPANY
株式会社UTAC建築設計事務所
新築住宅 Sep.22.2021

二つのリビングを持つ家

栃木県足利市の閑静な住宅街に計画された住宅。最初に土地を見た際に感じた裏の山から吹く心地よい風を住宅に取り込みたいと感じました。そこでこの住宅では1階に設けた普段使いのリビングルームの他に、2階にオープンリビングと名付けた自然を取り込んだもう一つの居間空間を設けています。外気に開放された空間として計画されたオープンリビングは、仕上げや仕様も屋外仕様となっています。中間期や夏季の時期には開け放された開口部からは山間から風を感じながら過ごすことができます。一つの住宅の中に二種類の異なる方向性のリビングルームを持たせる事で、ライフスタイルをスイッチングしながら暮らすと言う選択肢を獲得させています。

二層吹き抜けのリビングルーム

普段使いのリビングルームは白を基調とした二層吹き抜けの空間としています。二階とは大きな窓で区切られており、上下階に繋がりを生み出しつつも別の部屋として切り分けています。階段の足元の段は大きく取ることで季節ものなどが入れられる大きめの収納を設けています。

外部的な空間としてのオープンリビング

二階にあるもうひとつのリビングであるオープンリビングは、一階のリビングとは対照的に合板貼りの素材感のあるラフな仕上げとしています。この部屋は半屋外的な空間として考えているため、リビングとの境をアルミサッシにしており、他の窓枠なども部屋からは極力見せない仕様となっています。これらにより屋内であり屋外でもある、といった空間と感じられる様にデザインしています。

オープンリビングとバルコニーをつなぐ開口部

オープンリビングはそのまま外部のバルコニーへと続いています。バルコニーとオープンリビングは室内を斜めに連続的に横断する様に太鼓梁をかける事によって空間の一体感を出しています。ただしオープンリビングとバルコニーを繋ぐ開口部は冬季の厳しい寒さに備え、壁内に収めた建具で締め切れる様にも計画されています。

過ごす場としてのバルコニー

バルコニーはオープンリビングから連続した同じ部屋として計画しています。そのためにオープンリビングとは段差もなく床仕上げも同じとしていますが、バルコニー部分の下地は防水仕様となっています。オープンリビングから連続するバルコニーは屋根と腰壁に囲われる事で、屋外に解放された部屋となる様に仕上げています。これによりバルコニーをただの洗濯物干しのための場ではなく、生活の一部になることを意図しています。

自転車も入るエントランス

自転車も入る様に奥行きを長めに取られた、白い塗装の壁とモルタル床のシンプルな玄関。窓枠や収納の引手には木を使い、郵便受けは籐籠を使用する事で空間に暖かみを演出しています。

見る面によって印象が変わる外観

隣地が駐車場と都市ガスの中継場という抜けがあり、かつ四方から見られうる環境的に良好な立地のため建物の形状はシンプルな形状としつつ、見る方向によって表情が変わる様に配慮しています。道路面からの姿はミニマルな箱型の形状、駐車場側からはバルコニーにより大きく開かれた形状など多面的な表情としています。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

株式会社UTAC建築設計事務所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST