• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    TIMBER FRAMEWORK METHOD
  • DESIGN IMAGE
    JAPANESE / MODERN
  • EXTERIOR
    PLANE / CONCRETE

INFORMATION

PRICE
総建築費 非公開
坪単価 
SCALE
敷地面積 381.47㎡
建築面積 118.59㎡
延床面積 146㎡
PLACE
三重県
METHOD
木造軸組工法
DETAIL
COMPANY
I 設計室
新築住宅 Nov.24.2021

Rain House 深い軒下、濡れ縁のある佇まい

線路沿いに建つ三世代住宅。
高さをおさえた軒高、深い軒の出の落ち着いた佇まい。
室内の天井は扇垂木による傘の骨組みを表し、間仕切りのないおおらかな空間に。木肌と白い壁のシンプルな仕上げ、障子のやわらかい光、陰影がある落ち着いた室内です。

アプローチ

アプローチは三間角と四間角が雁行して重なったプランに。外壁の下地はサイディングを使用。木の感じを出して外観の印象を柔らかくするよう心掛けました。植栽も楽しめる場となっているため、外観にグリーンも取り入れることができます。駐車スペースも必須であったため、車が2台停めれるよう外観のレイアウトも工夫しました。

玄関アプローチ

くの字に曲がったベンチは海外の建築家アスプルンドの設計したベンチをオマージュ。曲線が美しいベンチが内部へと導いてくれるようです。玄関部の建具にはガラス屋根を設置して、光が差し込む明るい玄関としました。

リビング

リビングから見えるタタミの間の風景。深い軒の出、三方にぬれ縁がまわります。和モダンでありながら、小上がりを取り入れるなど昔ながらの生活が連想できるような空間に仕上げています。

ダイニングとタタミの間

障子から柔らかい明かりが差し込んできます。障子は吉村障子を使用。障子の網目に当たる組子の太さを同じにすることで、枠と網の境目が目立たなくなり、障子を複数並べても、まるで一枚の障子のように見える、素敵なデザインの障子です。天井の化粧梁は,傘の骨組みをイメージし、扇のカタチになっています。

階段

漆喰の白い壁に映るやわらかい光。階段の木材はすべて三重県の県産材を使用しており、木の香りが広がる心地の良い空間に仕上げました。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

I 設計室

RECOMMEND

FEATURE

LATEST