• GENRE
    RENOVATION
  • TYPE
  • DESIGN IMAGE
    MODERN / LUXARY
  • EXTERIOR
    PLANE

INFORMATION

PRICE
総建築費 3500万円
坪単価 
SCALE
敷地面積 ㎡
建築面積 ㎡
延床面積 195㎡
PLACE
東京都
METHOD
DETAIL
COMPANY
トリノス建築計画
リノベーション Oct.06.2021

立川のリノベーション

クライアントが所有する築40年のビル、最上階住居フロアのフルリノベーションです。自身が幼少期から実家として過ごしてきたこのフロアは、様々な経年劣化はもとより、多くの個室で仕切られた旧来の間取りがどこか窮屈さを感じさせていました。一度スケルトンに戻すことで設備系統の更新や構造躯体への処置を行い、現在〜これからのライフスタイルに合わせた改装です。

「居場所」と「余白」を意識したスペース

ビル街近郊にありながら、もともと抜け感のあったテラスを取り囲むようにメインスペースを配置しました。約40畳分のこのスペースは、リビング、ダイニング、キッチンといった明確な居場所を構えながらも周囲に充分な余白を持たせ、テラスからの日光や風の流れを家全体へと供給する役目を持ちます。多趣味なクライアントの書斎や子供部屋とも隣接しており、設計時点であえて具体的な用途を決めずに余白を設けることで、その都度様々な居場所として活用できます。

キッチンへの目線

LDKを包括した広いスペースにおいて、つい目が届いてしまうキッチン周りの生活感はどうしても気になってしまうところです。とは言えストイックにそれを消そうとすることは普段の暮らしにおいては窮屈にもなり得ます。このキッチンでは、引戸によって簡単にオープン/クローズができるパントリーを隣接させ、雑多になりがちなストック収納やゴミ箱、また冷蔵庫などの家電をそこに配置することで、楽な動線を保持しつつ常に清潔感を保つ工夫をしています。

よりプライベートな空間へ

寝室は他のスペースからガラリと趣きを変え、明るさを抑えて落ち着いた空間を目指しました。洋服へのこだわりから、ドレッシングルームを兼ねたウォークインクローゼットを隣接させています。単なる衣服収納部屋ではなく、スモークガラスを通じて寝室からも見通せる魅せる収納です。

水回りでの素材選び

洗面室では、壁のモザイクタイルやセラミックストーンとウォールナットのカウンターなど、各素材の組合せを大事に構成しました。コルクの床は、硬いタイルにはない柔らかな質感を持つだけでなく、床暖房のない場所でもほのかな暖かさを感じさせます。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

トリノス建築計画

RECOMMEND

FEATURE

LATEST