• GENRE
    CUSTOM HOME
  • TYPE
    STEEL FRAME
  • DESIGN IMAGE
    MODERN
  • EXTERIOR
    PLANE

INFORMATION

PRICE
総建築費 非公開
坪単価 非公開
SCALE
敷地面積 161㎡
建築面積 82.03㎡
延床面積 159㎡
PLACE
愛知県
METHOD
鉄骨造
DETAIL
COMPANY
武藤圭太郎建築設計事務所
新築住宅 May.19.2022

螺旋状スキップフロアの3階建て住宅

名古屋市の中心部にほど近い場所の3階建ての住宅。クライアントの要望は前面道路側に4台分(そのうち2台は屋根付き)の駐車スペースを設ける事、2階の天井高の高い開放的なリビングと大きなテラスを設ける事だった。
駐車場の屋根を3階建ての建築部分からトラス(三角形)によって吊る構造として、その上をテラスとして利用できる様にした。

無柱空間のガレージ

ガレージの屋根を3階建ての住宅部分から吊る事で、7m間口の敷地に2台分の駐車がストレス無くできる様に柱の無い空間を実現した。3階建ての玄関は暗くなりがちだが、リビングからの開口部から光が降り注いで明るい玄関になっている。タイル貼りの土間のスペースも大きく設けて、色んな使い方が出来るホールの様な場所になっている。

吹き抜けるリビング空間

6mくらいある吹き抜け空間に要望だった大開口を設けた。サッシは下段が3連の引き戸で開け放つと開放感が有る。上段に夏の熱抜きの排煙窓が設けられ、右上の階段は子供部屋に上がる階段となっている。リビングの吹き抜けと大開口によって、ここを中心として各部屋に光が運ばれ、日常の生活の中でここが広場の様な外部的な空間と感じられる様に、階段などの動線や、各部屋の壁の開口部の開け方を計画している。

2階のテラス

斜めの吊っている部分はテラスの側壁として隣地からのプライバシーに役立てている。ウッドデッキや芝生を設けて、リラックスできる場所となったり、子供も安全に遊べる場所となっている。

開放的なキッチンと落ち着きのあるダイニング

キッチンとリビングの間に階段を設ける事で、料理をしながら、この階段に座ってコミュニケーションができるようになっている。キッチンは開放的で、空を見ながら料理が作れる。リビングとは対照的にダイニングは落ち着いた光の空間にして、様々な居場所を作った。

様々な居場所のある住宅

子供の勉強場所(1枚目:中央)は、声が届く位置でもお子さんは少しだけこもれる環境をつくった。小上がりの下は、収納としてのスペースを確保。子供部屋(2枚目:左下)では、右側にリビングが覗けるガラス窓を設けた。主寝室(3枚目:右下)はドアを開けると、外に出た様な開放感がある。限られた敷地の中で様々な居場所があり、どこにいても明るく、開放感的な住宅となった。

この事例の企業情報はこちら

COMPANY :

武藤圭太郎建築設計事務所

RECOMMEND

FEATURE

LATEST